【ぷよクエ】
ツバキの特徴&活躍するクエスト

2019-07-26

ぷよクエの「ツバキ」は、「オイルシリーズ」の仲間です。

ここでは、ぷよクエ「ツバキ」の個人的に「ここぞ!」と思う使いどころや、使い心地の感想をまとめています。

\タップで目次を表示・非表示できます/

ぷよクエ「ツバキ」の特徴

☆6ツバキ


©SEGA

リーダースキル:
ステージ開始時に、相手の得意属性カードのターン数を一定の確率で+3する。

スキル内容:
1ターンの間、ターン終了時に、このカード以外のスキル発動数をスタメンの属性数分減らす。

スキル発動数:
自属性ぷよを35個消す。

「ツバキ」ふくむ「オイルシリーズ」は、2019年7月時点で、☆7実装されていません。

リーダースキルの特徴

リーダースキルは、得意属性のターンを一定の確率でプラスします。

確率なのでプラスされない事もあります。

なお、ターンプラスの盾を持っている相手には効果はありません。

また、先制攻撃はターンプラスの前に発動するので避けられません。

スキルの特徴

オイルシリーズのスキルは、ターン終了時にこのカード以外のスキル発動数をスタメンの属性数分減らす、というもの。

スタメンに5色そろっていれば、スキル発動後に1ターン経過したところで、5個、スキル加速できます。

副属性のない純粋な単色デッキだと、スキル発動後1ターン経過したところで、1個、スキル発動を加速できます。

副属性でも属性数にカウントされ、どの属性のカードでもスキル加速できます。

「きいろいサタン」の下位互換スキルです。

ツバキの
活躍するクエスト

個人的にツバキが活躍すると思っているイベントは、高階層でのギルイベです。

ツバキの使い所はギルイベ

「ツバキ」含む「オイルシリーズ」の一番の使い所は、ギルイベです。

ボスの攻撃力が高く耐えられない、毎ターン攻撃やタフネス貫通攻撃で、タフネス耐久もできない時に、リダサポに「オイル」をセットします。

リダサポのリーダースキルが発動すると、敵に6ターンプラスできます。

そこで、敵の攻撃ターンが来る前に、スキルを貯めて攻撃する、といったデッキで使います。

ただし、確率でターンプラスできない事もあり、その時は無駄打ちになってしまうので、私のギルドではとっても不人気(^^;)

ある意味、最後の手段といったデッキです。

現在では「アルル&カーバンクル」などの回復できるフェスカードも増えて、体力耐久が以前よりかなり楽になりました。

また、ターンプラスの前に先制攻撃するボスも出てきていて、個人的にはギルイベでの出番は減っています。

ただ、強烈なボスが出てきた時に、戦法の1つとして覚えておいて損はないデッキです。

類似リーダースキルのシリーズ

「オイルシリーズ」の類似カードには「魔法使いシリーズ」があります。

「☆6魔法使いシリーズ」のリーダースキルは「☆6オイルシリーズ」と同じく「得意属性の相手に一定の確率で3ターンプラスする」というもの。

「オイルシリーズ」は全員ガールズ、「魔法使いシリーズ」は全員ボーイズなので、コンビネーションで使い分けることもできますが……。

「オイルシリーズ」は「デッキの属性数でスキル発動数を減らす」スキルを持っており、ギルイベでは「魔法使いシリーズ」より重宝することが多いです。

ただし、「☆7魔法使いシリーズ」ではターンに+4できるので、☆7であれば「魔法使いシリーズ」の方が有用かも知れません。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです