ぷよクエ ギルイベ!
全盾から逆転まで使ったデッキまとめ

2019-09-13

ぷよクエ恒例イベントの1つ、ギルイベ!

ギルド全体で挑むとあって、楽しみに待っている方も多いのではないでしょうか。

普段はまったりしている私も、さすがにソワソワしてしまいます(笑)。

ここでは、そんなギルイベで「これは使えた」と思ったデッキをまとめています。

私の所属しているギルドはまったりギルドですが、先日1070体目に挑み、全盾、逆転、逆転全盾と、ギルイベ名物になっているボスにはひと通り挑めたので、その対応デッキをまとめてみました。

私はデッキを組むのが苦手で、いつも教えてもらって使っています。

そんな手持ちカードで組めるデッキだけですが、なにかの参考になれば嬉しいです(*^^*)

\タップで目次を表示・非表示できます/

ギルイベの基礎知識

と、その前に、ギルイベの豆知識を2つ。

ギルイベでは、ギルドタワーの高さや、特攻カードの特攻レベルや枚数で、デッキの威力が変わります。

ギルイベはタワーボーナスが有効なイベントなので、タワーが高いギルドほど、デッキも強くなります。

SランクギルドよりCランクギルドの場合の方が手強い結果になるので、同じボスに同じデッキで挑んでも、同じ結果になるとは限りません。

また、デッキに入れるとデッキ全体のステータスがUPする(場合が多い)特攻カードは、控えに入れても効果があります。

もし持っていれば、控えに4枚入れておくと耐久力が上がってオススメです。

また、ギルイベでは「ステージ詳細」ボタンから、ステージ効果や盾情報を確認できます。


©SEGA

挑む前に確認しておくとデッキミスが減ります(実装された時、本気で嬉しかった)。

私は毎度、確認を忘れたり、確認したのに気づかなかったりしますが、それもギルイベの風物詩の1つということで(笑)。

ギルイベデッキ序盤~中盤用

ギルイベでは、どんどん強いボスが登場するので、タイミングによって使うデッキを変えています。

序盤では、なるべく「ひとなぞり」で撃破できるデッキ。

中盤では、なるべく「スキル1回目」で撃破できるデッキを組めると、時短になります。

序盤戦!火力押しデッキ

スキルが光る前に倒せる範囲で使っているデッキです。


©SEGA

攻撃力4倍以上リーダーと、攻撃力の高いカードを詰め込んだだけの火力デッキ!

特にスタートダッシュでは、目覚めし力などの開幕ネクスト変換サポを借りて、上段をひとなぞりすることで時短したりも出来ます。

序盤戦にオススメな攻撃4倍以上リーダー
・☆7聖獣拳士シリーズ
・サマナーシリーズ(体力が減るので本当に序盤まで)
など。

序盤戦にオススメな開幕ネクスト変換リーダー
・マジカルねこガールズ
・目覚めし力 シリーズ
など。

中盤戦!スキルメインデッキ

ボスの攻撃力が高くなり体力倍率が欲しくなる頃や、ボスの体力が多くスキル発動までぷよ消しする段階のデッキです。


©SEGA

攻撃力と体力の上がるリーダーがいるとベストですが、ひとまず攻撃力の上がるリーダーにして、攻撃力と体力の上がるサポを借りるだけでも、体力が持つ限りは十分戦えます。

デッキのポイントは、攻撃スキル、エンハンス、怯えor怒りといったスキルのカードをセットで使うこと。

このデッキで言うと、
攻撃スキル……アルル(初代シリーズ)
怯え……カティア(神官シリーズ)
エンハンス……ソマリ(狩猟民シリーズ)
となっています。

エンハンスで攻撃力を上げ、怯えでさらにダメージ2倍にできるので、スキル1回目で仕留めやすくなります。

怯えには、雪国シリーズや下町の聖獣拳士シリーズなども使いやすいです。

ここに漁師やかくれハムスターズなどの ネクスト変換スキルを加えると、スキルが光るまでを時短できます。

火力が足りない場合は、ローザッテや蒸気都市のアルル系の「重ねがけできるエンハンス」スキルを加えると、超強力です。

火力押しデッキでスキルが光るようになったら、かかる時間は同じ、ということで、こちらのスキルデッキに組み直しています。

スキルレベルにもよると思いますが、私の場合は、スピード重視のときは何も考えなくていいぶん早く倒せる初代砲デッキを使っています。

逆に、全盾用に億ダメージを追及したいときは、童話系の通常攻撃デッキを使っています。

ギルイベデッキ逆転・全盾用

10体目、1010体目など末尾にゼロがつく、いわゆるキリ番ボス用のデッキです。

最近は強いフェスカードもどんどん増えているので、色盾さえ間違えなければ、先述した中盤デッキで十分戦えます。

工夫がいるのは、回復力と攻撃力の逆転する、いわゆる「逆転ボス」。

そして、5色の耐性盾を持ったギルイベ名物、いわゆる「全盾ボス」です。

逆転ボスデッキ

ステージ効果で回復力と攻撃力が逆転するボスには、回復力砲デッキが最も効果的です。

回復力砲カードを持っていない時は体力砲デッキや、ギルメンさんと連携して割合デッキなどで戦っていました。

回復力砲デッキ


©SEGA

逆転ボスでは、全体の回復力の合計で攻撃するカードを使うのが最も効果的です。

その際は、攻撃力をUPする、いわゆるエンハンススキルと、怯えや怒りスキルを同時に使うと、大ダメージを与えることができます。

代表的な回復力で攻撃できるカード
・聖夜の天使シリーズ
・闇天使シリーズ
・おたよりのチコ、夢見る魔女シスターズ
など。

代表的な怯え、怒りスキルを持つカード
・カティア、ミノア
・雪国シリーズ
・下町の聖獣拳士シリーズ
など。

代表的な通常エンハンスを持つカード
・蒸気都市の魔導学校シリーズ
・すずらん+αシリーズ
・狩猟民シリーズ
など。

逆転ステージでは、蒸気都市のアルル(蒸気都市の初代)などの「重ねがけエンハンス」は無効(攻撃値に乗らない)なので、必ず通常エンハンスカードを使うようにしましょう。

体力砲デッキ


©SEGA

回復力で攻撃するカードがない時は、ねこガールズなどの「体力で攻撃する」カードを使う事もできます。

ポイントは、体力倍率の高いリーダーでとにかく体力を上げることと、なるべく体力の高いカードでデッキを組むこと。

回復力砲と違ってエンハンスできないので、いかにリーダースキルで体力を上げるか、怯えや怒りスキルを忘れずに入れる、体力砲を複数入れるなどしてダメージを増やします。

威力は回復力砲には及びませんが、回復砲カードを持ってない時にお世話になったデッキです。

体力砲は通常クエストでは蒸気都市のアルル(蒸気都市の初代)などの「重ねがけエンハンス」で強化できるようになったのですが、逆転ステージでは無効(攻撃値に乗らない)のようです。

代表的な体力で攻撃するカード(☆7がオススメ!)
・ねこガールズ
・探検家シリーズ
・ドワーフシリーズ
など。

割合デッキ

西洋妖怪シリーズ(通称「割合」)をデッキに入れて、体力MAXのボスに数人で同時凸する戦術デッキです。


©SEGA

単体攻撃が強烈なときはリダサポに割合を使ってタフネス耐久。

落とされたら天使で復活させることで耐久するデッキです。

逆に毎ターン全体攻撃などの場合は、体力の上がるカードをリーダーにして体力耐久します。

今だとアルル&カーバンクル系が安定ですね。

ポイントは、スキルを早く貯めるための漁師と、童話などのなぞり消し数を増やすカードを使って、スキル回転を上げること。

喫茶アミティなどのターンプラスや、キキーモラなどの攻撃力ダウンなど、耐久用カードを1枚入れておくと安定しやすいです。

割合は残り体力の割合(☆6で15%)でダメージを与えるスキルなので、通常、2回めのスキルでは1回めよりもダメージ量が減ります。

そこで同時凸!

各自が退室した時点でダメージが合算されるので、全員が1発めは15%分のダメージを与えることができます。

多人数で2,3発の割合を決めて撤退して時短したり、少人数なら時間いっぱい削れるだけ削って手数を節約したりできます。

数人で連携する必要がありますが、決め手になるカードがない場合や、ギルドメンバーと相談しながら戦える場合に有効です。

全盾(通常攻撃無効)デッキ

5色の色盾がついているボス向けのデッキです。

固定ダメージデッキ、吸収デッキ、高火力デッキの3つを使っています。

特に高火力デッキはカード、ボスによってはワンキルも可能です。

リーダー&サポは、まずはアルル&カーバンクルやまぶしいサタンなどの回復できる万能型カードがおすすめ。

マジカルウォールxアルル&カーバンクル系も、連鎖でダメージ軽減&回復できて耐久力があります。

強烈な単体攻撃などでスタメンが落とされてしまう場合は、熱砂xサマナーをリダサポで使う、いわゆるゾンビデッキの出番です。

強烈なタフネス貫通攻撃などで耐久できない場合は、魔法使いなど、一定の確率で開幕時にターンプラスできるリダサポで、攻撃される前にスキルを貯めます。

一定の確率なのでターンプラスできない事もあり、私のギルドでは最後の手段的なデッキになっています。

固定ダメージデッキ


©SEGA

剣士ラフィーナなどの固定ダメージスキルで、色盾に関係なく一定のダメージを与えるデッキです。

通常攻撃無効のボスの場合は、「ディーナ」などの麻痺スキルで5ターン防御するのも有効です。

固定ダメージを入れてから麻痺を使うと5ターン攻撃されないので、童話系と漁師系でスキルをループさせると耐久率がぐぐっと上がります。

吸収デッキ


©SEGA

サキュバスなどの吸収スキルを主力としたデッキです。
吸収スキルは直接攻撃しない事もあり色盾の影響を受けません。

与えるダメージは吸収カードの攻撃力に依存するので、攻撃力の上がるリダサポや、複数ターンエンハンスできるカードと一緒に使います。

代表的な吸収カードは、サキュバス、コモネ、クロミ、みわくのリリンなど。

代表的な数ターンエンハンスカードは、
すずらん+α…☆7スキル+で同属性2ターン3倍
剣士クルーク…☆7で全体3ターン3倍
バルバルフェーリ…☆7で紫属性3ターン2.8倍
戦乙女シリーズ…☆6で攻撃タイプ3ターン2.5倍
など。

吸収デッキ(無限タフネス)

上記はリダサポにアルル&カーバンクルの体力耐久デッキですが、吸収デッキは熱砂xサマナーの無限タフネス、いわゆるゾンビデッキとも相性がいいです。


©SEGA

アルガーリーダーならサポはギューラ。


©SEGA

ギューラリーダーなら、サポはアルガーを使います。

熱砂は体力MAX時では何度でもタフネスできるので、サマナーで体力を落として、♡BOXで全回復しながら耐久するデッキです。

サマナーは攻撃力4倍に出来るうえ、吸収は回復もできるので、熱砂とも相性抜群。

ギルメンさんに教えてもらったデッキでしたが、最初に使ったとき「なんて完成されたデッキ!」と感動しました。

高火力デッキ


©SEGA

高火力デッキは、プリズム初代砲や蒸気都市のアルル系列が登場したことで、一気に使いやすくなったデッキです。

通常エンハンスに重ねがけエンハンスを重ねて、さらに怯えや怒りでダメージを2倍にして、プリズムボールつきの初代砲で、ひたすら火力でゴリ押しするデッキです。

耐久がキビシイ場合は、怯え・怒り枠をヒルダ(スキル+)などの麻痺カードに変更。
漁師をきらめくルルーなどの童話&漁師系スキルのカードにすると、麻痺ループデッキになります。

逆にもっと火力が欲しい時は、漁師をマジカルウォールなどの盾割りカードに変更すると威力が上がります。


©SEGA

エンハンス枠は蒸気都市の魔導学生系(ここでは蒸気都市のシグ)があると強力。

アルル&カーバンクルはとっくんで「スキル+」を 獲得、変更すると強力です。

リダサポは、ポップなアミティ、アルル&カーバンクル、まぶしいサタンなどの連鎖回復系カードか、ボスの攻撃力によって蒸気系を使い分けています。

全盾(通常攻撃有効)デッキ


©SEGA

通常攻撃が有効な全盾ボスには、通常攻撃を使った高火力デッキが効率的です。

蒸気都市ドラコとレムレスでWエンハンス、ウィンで同時消し係数をUP、天騎士でワイルド化。
こうして強化した通常攻撃をゲンブ(+)の7連撃で叩き込むデッキです。

ポイントは、5ヶ所同時消しなど、なるべく多く、同時消しを狙うこと。

こういった通常攻撃を強化するカードを組み合わせると、190億ダメージなどのオーバーキルなダメージを出すことができます。

これを全盾ボスにぶつけると、100/1カットでも1億ダメージ。
2億程度の体力なら、スキル2周めでワンキルも可能です。

このデッキでの最高記録は全盾ボスで2.5億、通常ボスで190億くらいです。

最近では「あんどうりんご」を通常攻撃のブーストに使うと強力! 私の最高記録は 1700億あまりでした。


©SEGA

蒸気アルル、蒸気シグでWエンハンス。ユーリでワイルド化、エルドゥールで怒り(ダメージ2倍効果)、セイリュウで連撃、というデッキです。

こちらはカードの揃っていた青デッキですが、本来は万能型リーダーや、緑、赤デッキだと、サポにも体力倍率がかかって安定します。

毎回、余裕があるときは新記録を目指していますが、☆7蒸気都市、「あんどうりんご」で一気に記録更新になりました。

通常攻撃の高火力デッキは通常攻撃有効の全盾ボスに有効なので、日々研究してみましょう。

全盾(逆転)デッキ

現在のギルイベで最も厄介かも知れないのが、この全盾逆転ボス。

固定ダメージデッキでジリジリ削っていくことも出来ますが、カードが揃っていれば回復力砲デッキもイチオシです。

回復力砲デッキ


©SEGA

逆転ステージでは蒸気都市の初代系のスキル(重ねがけエンハンス)が、回復砲に乗らないと気づいたのでデッキを組み直しました。

まぶしいサタンで耐久、レムレスでエンハンス、マジカルウォールのレシリルで盾割り、闇天使モーリスと聖夜ロコで攻撃、というデッキです。

回復砲は闇天使シリーズの方が強力ですが、聖夜天使も有効です。

エンハンス枠には、あれば「蒸気都市のリデル」(蒸気・魔導学校)などのフルパワースキルが強力。

ここでは回復砲を2枚入れていますが、回復砲を1枚にして雪国ヤコフなどの「怯え」スキルでダメージを2倍にするのもオススメです。


©SEGA

エンハンスは乗らないですが、リーダーとしては蒸気都市の初代系はスキルを貯めやすく使いやすいです。

ただ、耐久力が心配なときは「アルル&カーバンクル」「まぶしいサタン」などの回復できるリーダーが安心。

逆転ステージでは回復力が半端ないので、リダサポで「まぶしいサタン」系と「熱砂シリーズ(この場合はイノハ)」とを組ませると、2連鎖できる限り延々と耐久する事ができます。

1551体目以降の通常ボス用・毒デッキ

また、1600体を完走するような強豪ギルドでは、全盾の通常ボス用に毒デッキ連携を使うことも多いようです。

最近のギルイベでは1551体目から、キリ番以外の通常ボスもすべて全盾になるのですが、毒盾がついていない事が多いです。

そこで毒デッキ!


©SEGA

本当は、紫デッキなら「クールなシェゾ」や「しゅんげきのルルー」などの 紫リーダーがいいのですが、持ってないので仮リーダーです。

毒はMAX体力の5%のダメージを与える効果があり、5ターンで25%のダメージになります。

そこで毒デッキで4人以上で同時凸、全員が毒を5ターン使って撤退すると100%のダメージとなります。

全盾ワンキル高火力デッキが組める場合はそれでOKですが、高火力デッキが組めない場合でも、連携することで素早くボスを撃破できます。

毒デッキは「毒りんご」「ヤナ」など毒カードの多い紫デッキが主流ですが、黄色ボスだと耐久できない場合もあるので、緑毒デッキも組めると重宝します(2枠の「フリード」が毒カード)。


©SEGA

フェスカードなどが登場する以前のギルイベでは、全盾ではない通常ボスでも毒デッキや連携を使う事もあったので、ちょっと懐かしいです。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです