ぷよクエ「怒り」スキル
代表的なキャラカードまとめ

2021-04-19

ここでは、ぷよクエの状態異常「怒り」を使える、代表的なカードをまとめてみました。

怒りにかかると「攻撃をときどき空振りして、受けるダメージは2倍」になります。

こちらがかかると厄介ですが、相手にかける場合はまずまず使いやすい状態異常。

「ときどき空振り」は怯えの「攻撃力半減」よりも運要素が高いですが、強烈な全体攻撃をしてくる相手などを怒りにすると、攻撃を空振りしてくれて助かることも。

怯えと同様、受けるダメージが2倍になるのもポイントです。

\タップで目次を表示・非表示できます/

相手全体を怒りにするカード

ぷよクエの初期の状態異常スキルは、多くは「相手全体に対して確率で」かけるものでした。

その後、相手単体を「100%」状態異常にできる神官エルフが登場して、今では相手全体を「100%」状態異常にできるカードも増えています。

確率で「怒り」にするカードは比較的入手しやすいですが、「怒り」の空振り効果は50%の確率。

防御の観点から見ると、やっぱり「全体を確実に怒りにできる」スキルがおすすめです。


©SEGA
☆4ルージュチューラップ
相手全体を30%の確率で5ターンの間「怒り」にする

©SEGA
☆7サラマンダー
相手全体を90%の確率で5ターンの間「怒り」にする

©SEGA
☆7ミオ
相手全体にこのカードの「こうげき」×10の属性攻撃して、 90%の確率で5ターン「怒り」にする

©SEGA
☆7エルドゥール
相手全体に青属性カードの攻撃力の合計×2倍で青属性攻撃して、90%の確率で3ターン「怒り」にする

©SEGA
☆7エルドゥール(とっくんスキル)
相手全体を5ターンの間「怒り」にする

©SEGA
☆6コテコテのエムプーサ
相手全体を5ターンの間「怒り」にする

©SEGA
☆7大自然を巡るゲンサン
☆7大自然を巡るサゴ
相手全体にこのカードの「たいりょく」×100で属性攻撃して、2ターンの間「怒り」「怯え」「やどり木」にする。 さらに2ターンの間、体力タイプをワイルド状態にする

©SEGA
☆7大自然を巡るソラ
相手全体にこのカードの「たいりょく」×100で属性攻撃して、2ターンの間「怒り」「麻痺」「やどり木」にする。 さらに2ターンの間、体力タイプをワイルド状態にする

相手単体を怒りにするカード

相手が1体だけのギルドイベントやプワープチャレンジでは、単体を「怒り」にするスキルでも充分。

「怯え」と同様に「ダメージ2倍」効果があるので、スキルの威力を上げたい時などに有効です。


©SEGA
☆7ミノア
相手単体にこのカードの「こうげき」×10で属性攻撃して、5ターンの間「怒り」にする

©SEGA
☆7スイーツハンターレムレス
2ターンの間、緑属性カードとかいふくタイプの攻撃力を2.5倍に、相手単体にこのカードの「こうげき」×20の属性攻撃して、2ターンの間「怒り」にする

ぷよクエ
状態異常の豆知識

ぷよクエでは、味方でも相手でも「怒り耐性」を持ったカードは、怒りにかかる事はありません。

「盾」アイコンで表現されているので、「怒り盾」と呼ばれる事も多いですね。

赤属性を持つコスト50以上のカードの多くは、「とっくん」で「怒り耐性」を獲得できる事が多いです(副属性の場合は☆7変身で解放)。

コスト40以上のキャラカードも、「選択とっくん」で「怒り耐性」を獲得できる事があります。

耐性を取得しておくとクエストを有利にすすめる事ができるので、特に状態異常の多いテクニカルに挑むときには、一度確認してみるのもいいかも知れません。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです