ぷよクエ「状態異常」って?
種類と効果まとめてみた

2020-01-11

ぷよクエの「状態異常」、活用していますか?

「状態異常」は、相手(もしくはこちら)を、「いつもと違う状態」にする効果があり、その種類によって、それぞれ違う効果があります。

使い方次第で、ぼうけんマップを有利に進めたり、期間限定テクニカル「蒸気と暗闇の塔」攻略などにも役立ってくれます。

ここでは、そんな「状態異常」の種類と効果について見ていきましょう!

\タップで目次を表示・非表示できます/

「状態異常」の種類

ぷよクエの状態異常にはいくつか種類があり、それらをまとめて「状態異常」と呼んでいます。

状態異常には、怯え、怒り、麻痺、混乱、毒、封印、やどり木、といった種類があります。

スキルなどで相手デッキを状態異常にするのはもちろん、ステージ効果などで味方デッキが状態異常にされたりもします。

味方デッキ特有の状態異常としては、攻撃はできるもののスキルが発動できない、発動時数が減らない状態になる「スキル封印」があります。

ここからは、怯え、怒り、麻痺、混乱、毒、封印、やどり木、といった状態異常の効果を見ていきましょう。

怯え

怯えにかかると、受けるダメージは2倍、攻撃力は半分になります。

こちらがかかるとかなり厄介ですが、相手にかける場合はとても使いやすい状態異常。

特に攻撃力の高い相手を怯えにすると、攻撃力が半分になり耐久しやすくなります。

ダメージも2倍になるので早く倒せて一石二鳥です!

怯えスキルを持つ代表的なカード

相手単体を怯え【オススメ】

相手単体を怯えにするスキルは、相手が1体のギルドイベントや、プワープチャレンジ向きのスキルです。

代表的なカードは、
カティア
雪国シリーズ
下町の聖獣拳士シリーズなど。

相手全体を怯え【オススメ】

相手全体を怯えにするスキルは、相手が1体の時はもちろん、相手が多数のぼうけんマップや、一部のテクニカルクエストでもサポート役として活躍します。

代表的なカードは、
☆7ヴァハト(スキル+)
はばたくミノアなど。

相手全体を確率で怯え

確率なのではずすこともあり、切羽詰まった状況ではやや不安定ですが、ウンディーネやチェルシーなど、比較的入手しやすいカードが多いのがメリットです。

代表的なカードは、
ウンディーネ
チェルシー
ヴァハトなど。

怒り

怒りにかかると、受けるダメージは2倍、攻撃をときどき空振るようになります。

こちらも、かかると厄介ですが、相手にかける場合はとても使いやすい状態異常。

「ときどき空振り」は怯えの「攻撃力半減」よりも運要素が高いですが、強烈な全体攻撃をしてくる相手などを怒りにすると、時々攻撃を空振りしてくれて助かることも。

怯えと同様、受けるダメージが2倍になるのもポイントです。

怒りスキルを持つ代表的なカード

相手単体を怒り【オススメ】

相手単体を怒りにするスキルは、相手が1体のギルドイベントや、プワープチャレンジ向きのスキルです。

代表的なカードは、
ミノアなど。

相手全体を怒り【オススメ】

相手全体を怒りにするスキルは、相手が1体の時はもちろん、相手が多数のぼうけんマップや、一部のテクニカルクエストでもサポート役として活躍します。

代表的なカードは、
☆7エルドゥール(スキル+)など。

相手全体を確率で怒り

確率なのではずすこともあり、切羽詰まった状況ではやや不安定ですが、サラマンダーやミオなど、比較的入手しやすいカードが多いのがメリットです。

代表的なカードは、
サラマンダー
ミオ
エルドゥールなど。

混乱

混乱にかかると、攻撃が味方デッキに当たるようになります。

かかると非常にこわい状態異常ですが、相手全体にかけると鉄壁の防御になります。

特にめちゃくちゃ強烈な攻撃をしてくる相手を混乱にすると、その攻撃が相手デッキに当たるので防御&攻撃にもなって一石二鳥!

場合によってはかなり強力な状態異常ですが、強すぎるためか盾がついていて使えないステージも多かったりします。

「蒸気と暗闇の塔」でかなり有効な状態異常です。

混乱スキルを持つ代表的なカード

相手単体を混乱【オススメ】

相手単体を混乱にするスキルは、強力な攻撃をしてくる相手にかけることで、強力な防御になります。

代表的なカードは、
ミーシャ
いたずら妖精シリーズなど。

相手全体を混乱【オススメ】

相手全体を混乱にするスキルは、相手が1体の時はもちろん、相手が多数のぼうけんマップや、一部のテクニカルクエストでも強力な防御役として活躍します。

代表的なカードは、
☆7マッペラ(スキル+)など。

相手全体を確率で混乱

確率なのではずすこともあり、切羽詰まった状況ではやや不安定ですが、シルフやポーラなど、比較的入手しやすいカードが多いのがメリットです。

代表的なカードは、
シルフ
ポーラ
マッペラなど。

麻痺

麻痺にかかると、動けなくなり、受けるダメージが3倍になります。
また、攻撃を受けると麻痺は解けます。

「動けなくなる」というのは、こちらがかかった場合は、攻撃できないしスキルも使えない状態。

相手にかけた場合だと、攻撃されず相手の「攻撃ターン数」が止まる状態です。

麻痺は攻撃されると解けるので、ダメージ3倍効果は最初の一撃のみ。3撃めからは1倍のダメージです。

全体麻痺は、蒸気と暗闇の塔、単体麻痺はギルイベの通常攻撃無効ステージなどで活躍します。

麻痺スキルを持つ代表的なカード

相手単体を麻痺【オススメ】

相手単体を麻痺にするスキルは、相手が1体のギルドイベント向きのスキルです。

代表的なカードは、
ディーナなど。

相手全体を麻痺【オススメ】

相手全体を麻痺にするスキルは、相手が1体の時はもちろん、相手が多数のぼうけんマップや、一部のテクニカルクエストでも耐久スキルとして活躍します。

代表的なカードは、
☆7ヒルダ(スキル+)など。

相手全体を確率で麻痺

ギルイベやテクニカルで防御の要になりやすい麻痺は、確率だと不安定さが際立って、ちょっと使いづらいかも知れません。

代表的なカードは、
ノーム
ジャン
ヒルダなど。

毒にかかると、ターン終了時に一定割合の属性ダメージを受けます。

一定割合のダメージというのは、相手にかける場合だとMAX体力の5%。

こちらがかかる場合は5%以上の時もあり、そういった毒は猛毒と呼ばれたりします(マーベットの挑戦状など)。

ちまちまと体力を削る効果なので、普通に倒せる相手の時はあまり出番のない状態異常ですが、侮るなかれ!

毒は、5%という割合でダメージを与えられるので、体力がやたら多い相手にとても有効。

5ターン毒にすれば25%、10ターン毒にすれば50%の体力を削れます。

火力不足でワンキルできないギルイベのボスや、蒸気と暗闇の塔などでも活躍できます。

ただし、毒は属性ダメージを与えるので、属性盾がついている相手だと効果は激減します。

毒スキルを持つ代表的なカード

相手単体を毒【オススメ】

相手単体を毒にするスキルは、相手が1体のギルドイベント向きのスキルですが、全体毒カードのない時に、一部のテクニカルでも活躍します。

代表的なカードは、
ヤナなど。

相手全体を毒【オススメ】

相手全体を毒にするスキルは、相手が1体のギルイベはもちろん、相手が多数の一部のテクニカルでも主役として活躍します。

代表的なカードは、
☆7フリード(スキル+)
どくりんごなど。

相手全体を確率で毒

確率なのではずすこともあり、切羽詰まった状況ではやや不安定ですが、フラウやリリカなど、比較的入手しやすいカードが多いのがメリットです。

代表的なカードは、
フラウ
リリカ
フリードなど。

封印

封印にかかると、スキル発動や攻撃ができなくなります。

麻痺と似ていますが、封印は攻撃が当たっても解けません。

相手にかける場合だと、相手の攻撃ターンをスルーできますが、麻痺と違って攻撃ターン数自体は経過しています。

相手の攻撃ターン数は動くので、蒸気と暗闇の塔などの「ターン経過で攻撃パターンが変化する」相手の場合は、ちょっと注意がいります。

封印スキルを持つ代表的なカード

相手全体を封印【オススメ】

封印と言えば、代表的なのが「相手全体を封印する」スキルです。

代表的な封印カードは、「ぷよポイント交換所」で入手できる、カーバンクルとくろいポポイ。

属性に関わらず相手全体を3ターン封印できるので、封印をループできると鉄壁の防御になります。

得意属性の相手を封印

このカードの得意属性の相手だけ3ターン封印するスキルです。

相手全体を封印する方が使いやすいので、ほぼ出番はないかも。

代表的なカードは、
鳥シリーズ(☆4止まり)など。

苦手属性の相手を封印

このカードの苦手属性の相手だけ3ターン封印するスキルです。

相手全体を封印する方が使いやすいうえ、わざわざ苦手色で挑む事はほぼないので、使い所が難しいカードです。

代表的なカードは、
野菜王国シリーズなど。

やどり木

「やどり木」は、ぷよクエ6年目にして新しく追加された状態異常。

リーダースキルで付与できる、はじめての状態異常でもあります。

相手を「やどり木」をかけると、ターン終了時に一定割合の【無属性ダメージ】を与えて、こちらは一定割合で回復します。

はじめて「やどり木」が実装された☆6「ルリシア」によれば、相手に与えるダメージは0.1%、こちらの回復量は10%でした。

【無属性ダメージ】なので、属性盾がついた相手でも同じ割合でダメージを与えられます。

割合なので体力が多い相手ほど恩恵があるのがポイント。

よほど体力の多い相手でない限りは、ダメージ0.1%は微々たるものですが、回復10%はかなり強力です。

やどり木スキルを持つ代表的なカード

2020年1月上旬時点では、ルリシアのみ(3連鎖以上の攻撃で付与)。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです