ぷよクエ「麻痺」スキル
代表的なキャラカードまとめ

2021-04-19

ぷよクエの「麻痺」は「動けなくなり、受けるダメージが3倍」になる状態異常。

「動けなくなる」というのは、相手にかけた場合だと、相手の行動ターンが止まる状態。

こちらだと、攻撃できないしスキルも発動できない状態です。

麻痺は攻撃されると解けるので、ダメージ3倍効果は最初の一撃のみ。2撃めからは普通に1倍のダメージです。

麻痺は一部の「蒸気と暗闇の塔」や、ギルイベの「通常攻撃無効」ステージなどで活躍します。

ここでは、ぷよクエで状態異常「麻痺」を使える、代表的なカードをまとめてみました。

\タップで目次を表示・非表示できます/

相手全体を麻痺にするカード

ぷよクエの初期の状態異常スキルは、多くは「相手全体に対して確率で」かけるものでした。

その後、相手単体を「100%」状態異常にできる神官エルフが登場して、今では相手全体を「100%」状態異常にできるカードも増えています。

全体を確実に「麻痺」にするスキルだと、「蒸気と暗闇の塔」などの相手が多数いるテクニカルなどでも、耐久スキルとして活躍できます。


©SEGA
☆4ゴールドチューラップ
相手全体を30%の確率で5ターンの間「麻痺」にする

©SEGA
☆7ノーム
相手全体を90%の確率で5ターンの間「麻痺」にする

©SEGA
☆7ジャン
相手全体にこのカードの「こうげき」×10の属性攻撃して、 90%の確率で5ターン「麻痺」にする

©SEGA
☆7ヒルダ
相手全体に青属性カードの攻撃力の合計×2倍で青属性攻撃して、90%の確率で3ターンの間「麻痺」にする

©SEGA
☆7ヒルダ(とっくんスキル)
相手全体を5ターンの間「麻痺」にする

©SEGA
☆7大自然を巡るソラ
相手全体にこのカードの「たいりょく」×100で属性攻撃して、2ターンの間「怒り」「麻痺」「やどり木」にする。 さらに2ターンの間、体力タイプをワイルド状態にする

©SEGA
☆7異邦の使いサリヴァン
相手全体を3ターンの間「麻痺」にして、3ターンの間、紫属性を含む攻撃で紫属性カードの攻撃力を3.8倍にする

©SEGA
☆7蒸気都市のシェルブリック3世(フルパワースキル)
2ターンの間、バランスタイプの攻撃力を5倍に、さらに相手全体にこのカードの「こうげき」×1の属性攻撃して、5ターンの間、「怯え」「麻痺」にする

相手単体を麻痺にするカード

「麻痺」はギルドイベントの「通常攻撃無効」のボスに使うと防御に役立ちます。

同じスキル発動数なら、「全体を3ターン麻痺にする」スキルより、「単体を5ターン麻痺にする」スキルの方が耐久しやすいです。

おすすめは、襲来や「ぷよP交換所」に時々登場して入手しやすい「ディーナ」。

「単体麻痺」を使う機会は限られますが、ギルイベで「通常攻撃無効」のボスに対して耐久したい場合は助かることも。

逆にスキルで一撃できる場合は、あまり出番はないかも知れません。


©SEGA
☆7ディーナ
相手単体にこのカードの「こうげき」×10で属性攻撃して、5ターンの間「麻痺」にする

©SEGA
☆7シュリータ
相手単体にこのカードの「こうげき」×20で属性攻撃して、5ターンの間「麻痺」にする

©SEGA
☆7キングオブさかな王子
1ターンの間、紫属性カードの攻撃力を4倍に、さらに相手単体にこのカードの「こうげき」×1の属性攻撃して、5ターンの間「怯え」「麻痺」にする

©SEGA
☆7蒸気都市のシェルブリック3世(ノーマルスキル)
2ターンの間、バランスタイプの攻撃力を4.5倍に、相手単体にこのカードの「こうげき」×1で属性攻撃して、5ターンの間「怯え」「麻痺」にする

ぷよクエ
状態異常の豆知識

ぷよクエでは、味方でも相手でも「麻痺耐性」を持ったカードは、「麻痺」にかかる事はありません。

「盾」アイコンで表現されているので、「麻痺盾」と呼ばれる事も多いですね。

黄属性を持つコスト50以上のカードの多くは、「とっくん」で「麻痺耐性」を獲得できる事が多いです(副属性の場合は☆7変身で解放)。

コスト40以上のキャラカードも、「選択とっくん」で「麻痺耐性」を獲得できる事があります。

耐性を取得しておくとクエストを有利にすすめる事ができるので、特に状態異常の多いテクニカルに挑むときには、一度確認してみるのもいいかも知れません。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです