蒸気と暗闇の塔
3属性以下エリア7階
攻略デッキまとめ!

2019-08-28

蒸気と暗闇の塔、楽しんでますか?

「蒸気と暗闇の塔」の「3属性以下で挑戦」エリアは、2019年9月25日に「蒸気と暗闇の塔」11階~20階として新登場。

2020年2月からは現在の「3属性以下で挑戦」エリア1階~10階に改名されました。


©SEGA

「主属性1色」エリアと同時開催なので、エリアが多くて楽しんでいる余裕ないよー!という声も聞こえてきそう(^^;)

かくいう私もその一人。

回収したいフロアが多いので、できるだけさくっと勝ちたーい!と思ってしまいます。

ここでは、「蒸気と暗闇の塔」3属性以下エリア7階の攻略デッキと、私が攻略中に気をつけたポイントなどをまとめています。

それでは、7階攻略いってみよー!(*´∇`)ノォゥ!!

\タップで目次を表示・非表示できます/

蒸気と暗闇の塔
3属性以下7階のポイント

蒸気と暗闇の塔3属性以下エリアは、全2ステージ。

1ステージでは星の魔導士とカバルーンが出てきます。

1ステージでは、いかにスキルを貯めて突破するかが鍵。

スキルは光らなくてもいいので、できるだけスキル発動に近づけるのがポイントです。

3ターンで星の魔導士から割合全体攻撃、カバルーンの爆発で2000前後のダメージを受けます。

そのあと星の魔道士はプリズムボールを生成しますが、次のターンでスキル発動数+15してくるので、プリズムボールでさくっと倒してしまいましょう。

蒸気都市のドラコなど連鎖回復できないリーダーでは、なるべく割合攻撃を受ける前に倒せると体力面で安心です。

2ステージでは、先制効果も盛りだくさん。

3ターンの間、相手デッキには色盾(デッキ指定色)がつき、こちらのバランスタイプのカードは行動封印されます。

ここで注目するのは左から2番めの呪騎士。耐性盾がびっしりついていて、状態異常は効きません。


©SEGA

呪騎士は開幕から3ターンめで全体攻撃を放ちますが、これに当たると攻撃力が大幅にダウンします(効果1ターン)。

ここで色盾が切れるので攻撃の絶好のチャンスですが、攻撃力ダウンされているので威力が出ません。

さらに次のターンでは、一撃で落とされるレベルの強烈な全体攻撃をしてきます。

3属性以下エリアの6階~10階の最大の攻略ポイントは、この呪騎士への対応です。

なんとなく「蒸気・魔導学校」と「蒸気・初代」を合わせて使えば、攻撃力ダウンされたままでも倒せる、といった意図を感じますが……

「蒸気・魔導学校」はなくても、デッキ次第で52000スコアまでクリアできます。

蒸気と暗闇の塔
3属性以下7階 攻略デッキ

「蒸気と暗闇の塔攻略まとめ」では、かばう、反射する、他属性で倒す、といった呪騎士対策の3つの方法を書いていますが……

ここでは、一番オススメな「かばう」デッキを使っています。

実際のクリアデッキはこちら!


©SEGA

蒸気ドラコ、ウィン、フロノ、ハルトマン、イノハ。

きぐるみ騎士団フロノでエンハンス&全体攻撃化。

ウィンで同時消し係数UPで通常攻撃を強化。

ハルトマンはワイルド枠。
魔神シリーズの「フルシュ」などもワイルドスキルを持っています。

蒸気ドラコで重ねがけエンハンスして一網打尽にします。

ここでは熱砂のイノハが「かばう」枠です。

イノハの体力によっては「かばう」で選手交代になるので、控えに1枚、攻撃力の高いカードなどを入れておきましょう。

ここでは初代シリーズのドラコを入れています。

蒸気と暗闇の塔
3属性以下7階 攻略デッキの使い方

使い方はいたってシンプル!

1ステージでなるべく緑ぷよを消して、スキル数にプラスされる前に星の魔導士を撃破します!

2ステージでは、芸術家シリーズが「チャンスぷよ」をくれるので、大連鎖チャンスで緑ぷよを消してスキルを貯めます。

熱砂はたいりょくタイプなので、ハルトマンなどのバランスタイプを違って封印されません。

ということで、イノハのスキルが貯まったら、さっそくスキル発動!


©SEGA

イノハは3ターンかばってくれるので、♡BOXで回復しつつ呪騎士の攻撃前に落ちないように気をつけます。

あとは、他のカードのスキルを貯めるために緑ぷよを消したり、すでに貯まっている時は整地してターンを進めます。

呪騎士の全体攻撃をイノハが全て受けてくれるので、他のカードは攻撃力ダウンされません。


©SEGA

体力によっては、ここでイノハは落ちて控えカードが出てきます。

こうなると、全員が攻撃力フルパワーで攻撃できます。

この状態で、蒸気ドラコ、ウィン、フロノ、ハルトマンを発動。

盤面をよく見て、4ヶ所同時消し、できれば5ヶ所同時消しを狙います。

うまく同時消しできると、全体攻撃化した攻撃がとんでいき一気に相手デッキを倒せます。


©SEGA

「異世界の旅」シリーズは体力が多く残りやすいので、さっきの同時消しで生成されたチャンスぷよを巻き込みつつ、もう1回、4ヶ所以上同時消しをして、クリアです!

盤面によっては火力が伸びず、もう1回スキルを貯めるまで耐久する展開になる事もあります。

そうなると52000スコアは難しいので、スコアミッションを狙う場合は、2ターンの攻撃でクリアを目指しましょう!

蒸気と暗闇の塔
3属性以下7階 攻略デッキ②

ミッションデッキではありませんが、蒸気なしでもクリアできたので追記!


©SEGA

デッキは、はりきるドラコ、イノハ、マッペラ、フリード、ナリ。控えはロコ。

このデッキの最初のポイントは、1ステージを割合攻撃を受けずに突破すること!

回復力が少ないデッキなので、割合ダメージを受けると耐久は難しいです。

2ステージでは、呪騎士の強烈な一撃はイノハで防御、はりドラ砲で倒します。

あとはマッペラで全体混乱、フリードで全体毒にして、スキルをループするだけ!

マッペラ(スキル+)の混乱で完全防御、フリード(スキル+)の毒で確実に相手を倒せます。

実は3属性以下エリア7階では、「毒なし」の混乱デッキで挑んだところ、3属性以下エリアで初の「時間切れ(スキル封印)」をくらっています。

異世界の旅と芸術家でスキル封印を確認しているので、積極的にはりドラ砲を当てています。

今回は異世界の旅に割合攻撃がヒットして早々に撃破、芸術家からもスキル封印がくる前に倒せていますが……


©SEGA

時短のためにも、マッペラとフリードはスキル+がオススメです。

また、芸術家は「なぞり消し数を2個減らす」の次の攻撃ターンで、「ネクストおじゃま変換」してきます。

ちょっとめんどいので、おじゃま変換の後に漁師のスキルを発動して、ネクストぷよを塗り替えると楽ちんです。

蒸気と暗闇の塔
3属性以下7階 攻略余談

ということで、蒸気と暗闇の塔7階 攻略デッキを見てきました!

蒸気と暗闇の塔3属性以下エリア攻略は、2ステージの呪騎士対策が大きなポイント。

今回は「熱砂の旅シリーズ」の「イノハ」を使っていますが、「重装兵シリーズ」の「リュード」や、体力は低いですが「門番シリーズ」なども、「かばう」スキルを持っています。

「かばう」カードがない場合は、「蒸気と暗闇の塔 3属性以下エリア攻略デッキまとめ#6F~10Fのポイント」で紹介している「かばう」「全属性反射」「他属性」で防ぐ方法もアリですね!

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです