【ぷよクエ】
呪騎士シリーズ
特徴と注目ポイントまとめ

2022-03-23

ぷよクエの「呪騎士」シリーズは「状態異常」スキルが特徴的!

「呪騎士」は武器を装備するために、それぞれ奇妙な呪いを受けている、というキャラクター達ですが、雰囲気はどこかユーモラス。

ここでは、そんな「呪騎士」シリーズの特徴と活躍ポイントをまとめてみました。

\タップで目次を表示・非表示できます/

呪騎士シリーズ 特徴


©SEGA

メンバー赤ヒルダ、青エルドゥール、緑フリード、黄ヴァハト、紫マッペラ
コスト40
タイプこうげき
スキル発動数自属性ぷよ消し40個

まずは☆6の性能を見ていきましょう!

☆6「呪騎士」シリーズのリーダースキルは、自身の主属性と同じ属性カードの攻撃力を2倍に、体力を2.3倍にします。

登場時点では強力な部類だったリーダースキルですが、イベントカードでも攻撃力3倍がザラになっている現在では、☆6時点での性能はかなり控えめ。

一方スキルは、相手全体を自属性カードの「こうげき」x1で属性攻撃して、70%の確率で3ターン「状態異常」にします(マッペラの混乱は2回)。

☆6「呪騎士」シリーズのスキルでは、相手全体を攻撃して「確率」で「状態異常」にするので、かからない事もあるのが特徴です。

☆7変身すると!


©SEGA

メンバー赤ヒルダ、青エルドゥール、緑フリード、黄ヴァハト、紫マッペラ
コスト54
タイプこうげき
スキル発動数自属性ぷよ消し40個(とっくんスキルも同じ)

☆7「呪騎士」シリーズのリーダースキルは、自身の主属性と同じ属性カードの攻撃力と体力を3倍にします。

攻撃力、体力倍率も上がり、使いやすい性能にパワーアップ!

一方スキルは、相手全体に自属性カードの「こうげき」x2で属性攻撃して、90%の確率で3ターン「状態異常」にします(マッペラの混乱は2回)。

攻撃威力と確率も上がって、スキルもパワーアップしていますが、やっぱり確率なのでかからない事もあります。

「呪騎士」シリーズで注目なのは「とっくんスキル」!

「呪騎士」シリーズは☆7変身すると「とっくん」で別のスキルを獲得&変更することができます。

内容は、相手全体を100%の確率で5ターン「状態異常」にする、というもの(マッペラの混乱は3回)!

通常スキルとの違いは、全体攻撃がない代わりに、確実に、より長い間、相手を「状態異常」にできることです。

ちなみに、「呪騎士」シリーズは☆6でコスト40なので、☆7変身には「ワイルドさん(40)」も使えます。

呪騎士
注目ポイント

個人的な「呪騎士」の注目ポイントは「とっくんスキル」!

相手全体を5ターンの間(マッペラの混乱は3回)「状態異常」にできるカードは貴重!

また、攻撃が発生しないことで、相手が「反射」や「かばう」を出している時でも有効です。

特に効果を発揮するのが、相手が多い「ぼうけんマップ」や手強い相手が多いテクニカル。

一部の「蒸気と暗闇の塔」「プワープ秘境探検」「異邦と試練の塔」などのテクニカルでは、それぞれの「状態異常」耐性のないクエストで有効なことも。

逆に「とことんの塔」など、相手が「状態異常」耐性をびっしり備えたクエストでは、本領発揮できません。

ぷよクエ
呪騎士シリーズ 余談

ぷよクエの「呪騎士」シリーズは、☆7変身して「とっくんスキル」を獲得してこそ光るカード!

相手全体を「状態異常」に出来る貴重な「とっくんスキル」を持っています。

強力なフェスカードなどを持っていれば出番は少ないですが、「ワイルドさん」に余裕がある、もう1つ耐久力が欲しい時などは、☆7変身もオススメです。

「とことんの塔」などで入手できる「ワイルドさん(40)」で☆7変身できるのも嬉しいポイントですね。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです