【ぷよクエ】
ヤナの特徴&活躍するクエスト

2019-09-16

ぷよクエの「ヤナ」は、「エルフ神官シリーズ」の仲間です。

他には「カティア」「ミノア」「ミーシャ」「ディーナ」が「エルフ神官シリーズ」の仲間です。

「エルフ神官シリーズ」は、それぞれ異なった状態異常スキルを持っています。

ここでは、ぷよクエ「ヤナ」の個人的に「ここぞ!」と思う使いどころや、使い心地の感想をまとめています。

\タップで目次を表示・非表示できます/

ぷよクエ「ヤナ」の特徴

ぷよクエの「ヤナ」は、ギルイベ「神殿ラッシュ」の報酬カードです。

他にも、不定期で「襲来イベント」や、時々「ぷよポイント交換所」にも登場しています。

☆6「ヤナ」


©SEGA(出展: ぷよクエ公式サイト)

リーダースキル:
自属性カードの相手に与えるダメージを10%の確率で5倍にする。

スキル内容:
相手単体に、このカードのこうげきx10で属性攻撃をして、5ターンの間「毒」状態にする。

スキル発動数:
自属性ぷよを40個消す。

☆7「ヤナ」


©SEGA(出展: ぷよクエ公式サイト)

リーダースキル:
自属性カードの攻撃力を1.5倍、体力を2.5倍にして、相手に与えるダメージを10%の確率で5倍にする。

スキル内容:
相手単体に、このカードのこうげきx15で属性攻撃をして、5ターンの間「毒」状態にする。

スキル発動数:
自属性ぷよを35個消す。

ステータス値: ぷよクエ公式サイト

ヤナのリーダースキルの特徴

☆6では自属性カードの攻撃が「時々5倍」になります。

ヤナはぷよクエ初期の頃に登場したカードで、当時は攻撃力倍率の高いカードは少なく面白いリーダースキルでした。

☆7では、攻撃力と体力に倍率がつくので、リーダーとしても使いやすくなっています。

とはいえ、最近ではイベントカードも強力なものが多く(特にプワープチャレンジの報酬カード)、そういったカードがあれば、リーダーとしての出番は少ないでしょう。

ヤナのスキルの特徴

ヤナの魅力は、この毒スキルです!

「毒」は状態異常と呼ばれる効果の1つで、「毒」にかかった相手は、毎ターン体力ゲージの5%分のダメージを受けます。

一見、地味なスキルに感じますが、これがスゴイ!

「相手の体力が多すぎて、全然ダメージ入らないんですけど~!」という時が出番!

5ターン毒=体力ゲージ「25%分」のダメージを与えられるので、どんなに体力の多い相手でも、火力の出るデッキが組めなくても、「確実に仕留める」といった使い方が出来ます。

ただし、一部のクエストで出てくる「毒耐性」(いわゆる毒盾)を持った相手は、「毒」にはできません。

ヤナの活躍するクエスト

そんな毒が魅力のヤナが活躍するクエストは、大きく2つ!

不定期開催されている高難度テクニカル「蒸気と暗闇の塔」と、ギルイベでの高階層ボス戦です。

ヤナの使い所!①蒸気と暗闇の塔

「蒸気と暗闇の塔」は、初回クリア報酬が全部「ワイルドさん(50)」という、豪華な期間限定テクニカル!

「ワイルドさん(50)」はフェスカードの☆7変身に使えるアイテムなので、クリアしてGETしたい!という方も多いと思います。

「蒸気と暗闇の塔」ではデッキルールがあり、ヤナが活躍するのは紫デッキで挑める「5階」と「10階」です。

「蒸気と暗闇の塔」は難度が高く、相手の体力もめっちゃ多いので、攻撃力の出るデッキを組めない場合は持久戦になります。

相手を倒すまで毒で耐性できれば、攻撃力の高いデッキを組めなくともクリアすることが出来ます。

ヤナは単体しか毒に出来ないので、相手全体を「毒」にできるカードの方が適任ですが、☆7「マッペラ」などの混乱スキルを持ったカードと合わせると、効率的に倒すことが出来ます。

ヤナの使い所!②ギルイベ

ヤナのもう1つの使い所はギルイベです!

ギルイベの高階層のボスで、ボスの体力が多すぎて、攻撃力が足りない、、、という時、ヤナで毒にかけて確実に倒す!という事が出来ます。

5ターン25%ダメージなので、毒で倒し切るには10分近くかかりますが、強いデッキが組めない時に有効な戦い方です。

くろいポポイなどの相手の攻撃を封じるカードなどをセットで使うと、耐久しやすくなります。

残り体力の15%のダメージを入れる西洋妖怪シリーズ(通称「割合」)や、スキル回転を早める漁師を合わせると時短になります。

また、毒デッキで数人で同時にボスに挑み、二人なら半分、3人なら三分の一くらいの体力を削って撤退することで、時短をするというギルイベ独自の連携技もあるようです。

類似スキルのシリーズ

毒スキルを持つ紫カードとしては、「フラウ」「どくりんご」などがあります。

フラウ

「フラウ」は確率で相手全体を毒にします。

確率なのではずす事もありますが、召喚ガチャなどでも入手できるので、育てやすいのがメリット。

ぼうけんマップなど、たくさん敵が出てくるクエストでは、単体毒のヤナよりも使いやすいです。

どくりんご

「どくりんご」は相手全体を100%毒にします。

「蒸気と暗闇の塔」5階10階を毒で攻略する時、非常に使いやすいカードです。

元はギルイベの報酬カードでしたが、たまに「ぷよポイント交換所」に登場する事があります。

ぷよクエ「ヤナ」☆7優先度

ということで、ぷよクエ「ヤナ」の特徴を見てきました。

「ヤナ」はギルイベやプワープチャレンジなどで、相手を確実に「毒」にできる、使いやすいカードです。

そんな「ヤナ」ですが、個人的には☆7変身を「急ぐ必要はない」カードと思っています。

「ヤナ」は体力タイプで安定感があり、☆6でも十分に使えます。

☆7ではスキルの攻撃威力が少し上がるだけで「5ターン毒」も据え置き。

1枚持っているとデッキの幅が広がるので、まずは☆6まで育てておいて、イベントや余裕があるときに☆7変身を目指してみるのもアリです。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです