【ぷよクエ】
しろいマール
特徴と注目ポイントまとめ

2022-02-14

©SEGA

ぷよクエの「しろいマール」は、2022年2月の「ぷよの日」記念で初登場したフルパワーカード!

ふわふわとしたファンシーな色合いがとても可愛らしいですね(*^^*)

「マール」は「ニンテンドーSwitch」などのコンシューマソフトとして発売されている 「ぷよぷよテトリス2」の登場キャラクター。

「ぷよクエ」にも、2020年12月に「ぷよぷよテトリス2」コラボで登場していますが、「しろいマール」は、その衣装(というか色々)違いとなっています。

ここでは、そんな「しろいマール」の特徴と注目ポイントをメモっています。

\タップで目次を表示・非表示できます/

しろいマールの特徴


©SEGA

コスト52
主属性
副属性
タイプたいりょく
スキル発動数青ぷよ消し40/55個

まずは☆6の性能を見ていきましょう!

☆6「しろいマール」のリーダースキルは、味方全体の攻撃力を3.8倍、体力を3.2倍、回復力を1.5倍にして!

6個以上の同時消しで盤面の色ぷよを青ぷよ優先で、4個「プラス状態」にして、味方全体に自身の「かいふく」×4の回復を与えます。

2021年の「ぷよの日」記念カードである「ひやくのウィッチ」の青版といった感じのリーダースキルですね!

一方スキルは、1ターンの間、「なぞり消し」を「青ぷよ塗り替え」に変える「とくべつルール」を発動して、味方全体の連鎖係数を6倍にします。

フルパワーでは、連鎖係数8.5倍とさらに強力!

いわゆる「連鎖のタネ」スキルで、連鎖係数が強化されているのがポイント!

「特別ルール」の定番で、このスキル発動後は、ターン終了時まで他のスキルは発動できないので、攻撃力UPスキルなどは先に発動しておきましょう!

☆7変身すると!


©SEGA

コスト64
主属性
副属性
タイプたいりょく
スキル発動数青ぷよ消し40/55個

☆7「しろいマール」のリーダースキルは、味方全体の攻撃力を4.8倍、体力を3.5倍、回復力を1.5倍にして!

6個以上の同時消しで盤面の色ぷよを青ぷよ優先で、5個「プラス状態」にして、味方全体に自身の「かいふく」×4の回復を与えます。

回復力倍率などは据え置きですが、攻撃力・体力倍率はパワーアップ!

また、プラス化できる数も4個から5個に増加しています。

一方スキルは、連鎖係数は7.5倍にパワーアップ!

フルパワーでは、なんと連鎖係数10倍に!

似たようなスキルとしては「あんどうりんご」「スペース☆エコロ」などがありますが、あちらは「3個くっつくと消える」特別ルールで、連鎖係数はどちらも「4倍/6倍」となっています。

ちなみに、「しろいマール」は☆6でコスト52なので、☆7変身には「ワイルドさん(50)」ではなく、「ワイルドさん(60)」を使います。

しろいマール
注目ポイント

個人的な「しろいマール」の注目ポイントは、回復できるリーダースキルと、連鎖係数爆上げのスキル!

リーダースキルは、プラス化+回復と「ひやくのウィッチ」や「めくるめくアリィ」などの色違いとも言える性能。

同時消しで回復できるので、デッキの耐久力がぐんと上がり、初心者クエストから上級者向けテクニカルまで、使いやすいリーダースキルです。

一方スキルは、連鎖係数上げからの「連鎖のタネ」で、通常攻撃のブースト役として、かなり強力です。

特徴としては、似たようなスキルである「あんどうりんご」「スペース☆エコロ」では、「3個で消える」特別ルールで連鎖数&威力が伸びやすい!

一方、ふつうに4個で消える「しろいマール」は、連鎖数はまずまずで、そのぶんを連鎖係数倍率で巻き返しています。

単純にどっちが強いんだろう? と思ったので、カンタンな「しろいマール」と「あんどうりんご」のスキル比較をしてみました。

2枚とも☆6時の攻撃力倍率は「味方全体を3.8倍」なので、「しろいマール」は「おためし」で、「あんどうりんご」はギルメンさんからお借りしました。

どちらもノーマルスキルで、「ティ&オー」でワイルド化させたあとの威力を比べてみます。

※ふつうに連鎖すると、何連鎖目にどの色ぷよが消えたかで威力が変わってしまうため。

前座として、連鎖係数強化なしの「ひやくのウィッチ」の「連鎖のタネ」の威力を見てみましょう。

ざっと12連鎖での威力は?!


©SEGA

「ティ&オー」の数値で見てみると、283万。これが、連鎖係数強化なしの連鎖の威力になります。

それでは本題!

まずは「あんどうりんご」から!

途中、落ち連鎖や同時消しになって合計18連鎖での威力がこちら。


©SEGA

「ティ&オー」の数値で見てみると、1300万。うん、まさに桁違い。強いですね!

続いて「しろいマール」!

こちらも落ち連鎖で同時消しなどが発生して合計14連鎖に。


©SEGA

「ティ&オー」の数値で見てみると、2300万!

連鎖数や同時消しなどの違いはあるので、もちろん厳密な比較ではありませんが、ざっくりとした感触としては「しろいマール」、めっちゃ強い!

ただ、「あんどうりんご」などの「3個で消える」特別ルールの方が連鎖数は伸びやすいので(23連鎖など)、「蒸気と暗闇の塔」などでスコアミッションを狙う場合は、こちらの方が有利かも知れません。

ぷよクエ
しろいマール
余談

ぷよクエの「しろいマール」は、リーダーとしても、通常攻撃のブースト役としても、かなり強力なカード。

類型スキルの「あんどうりんご」でも、ギルイベデッキでは1000億などの高火力を出すことができましたが、その強化版とも言える性能です!

ただ、「連鎖のタネ」は「青ぷよ塗り替え」で着火しないといけないので、ぷよ消しや整地が苦手だと、ちょっぴり難しさを感じるかも知れません。

とはいえ、失敗しても、ご愛嬌♪

ハートBOXやプリズムボールなどが、塗替え場所のヒントになっていることもあるので、盤面をじっくり見て、のんびり大連鎖を狙ってみましょう♪

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです