ぷよクエ
「吸収」と「やどり木」
違いまとめ

ぷよクエの「やどり木」は、相手に無属性の割合ダメージを与えて、味方を回復する「状態異常」。

この効果、サキュバスなどの「吸収スキル」と、ちょっと似ていますよね。

ここでは、一見似ていてやっぱり違う、「吸収スキル」と「やどり木」の違いをまとめてみました。

\タップで目次を表示・非表示できます/

「吸収」と「やどり木」の違い

「やどり木」の効果は、一定割合で相手に無属性ダメージを与えて、味方を割合回復します。

ダメージも回復も「割合」なので、攻撃力UPでダメージを増やしたり、回復力UPで回復値を増やしたりはできません。

その代わり、相手がどんな体力オバケでも、一律割合でダメージを与えることができるのがメリットです。

一方「吸収スキル」は、カードの「こうげき」値からダメージや回復量をはじき出しているので、通常エンハンスなどで攻撃力を上げると、大幅に威力UPできます。

「やどり木」は相手の体力が多いほど恩恵が大きくなりますが、どちらかというと割合回復が強力。

よほど体力オバケでない限りは、攻撃としては「吸収スキル」の方が効率が良い場合が多いです。

「吸収」「やどり木」
違いまとめ

「吸収スキル」はエンハンスなどで威力UP可能なスキル。

「やどり木」は威力上げはできないものの、割合で安定した効果が得られる状態異常です。

どちらも無属性ダメージを与えて味方を回復できる、おもしろい効果となっています。

目的に合わせて活用したいですね!

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです