蒸気と暗闇の塔 攻略!
「毒デッキ」の使い方
【主属性1色エリア用】

2019-03-28

ぷよクエ新テクニカル!
「蒸気と暗闇の塔」、順調ですか?

ここでは「蒸気と暗闇の塔」主属性1色エリア5F・10F攻略、カード次第では2F・7F攻略にも使える「毒デッキ」の使い方をメモしています。

「蒸気と暗闇の塔」は敵の体力がめっちゃ多いですが、高火力が出せなくても、デッキ次第でクリアすることが出来ます。

たとえば「毒」では、割合で体力を削ってくれるので、ループすると一定ターンで堅実に敵を倒すことが出来ます。

ここでは、高火力デッキが組めない時に役立つ、「毒デッキ」の使い方をまとめていきます。

\タップで目次を表示・非表示できます/

「蒸気と暗闇の塔」攻略!
毒デッキに使えるカード

毒のカードは案外少なく、その大半は紫カードです。

なので、毒デッキは紫デッキで挑める5F・10Fで主に活躍します。

緑カードにして毒スキルを持つフリードを持っている場合は、2F・7Fにも有効です。

毒デッキでは、相手を毒状態にできるカードと、毒で倒しきるまで耐久する「封印スキル」などの耐久カードをセットで使います。

ここからは、毒デッキの主役である「毒スキル」を持つ、代表的なカードを見てきましょう。

代表的な毒カード

フラウ(紫)

☆7で、相手全体を90%の確率で5ターン毒にします。
確率なので外すこともあります。

バランスタイプなので、体力がやや低めです。
ダミーカードを1枚入れて先制攻撃から守る、天使で復活させる、とっくんでステータスを上げる、などの対策が要るかも知れません。

フラウは召喚ガチャなどでも入手しやすいカードです。

どくりんご(紫)

☆6から、相手全体を100%5ターン毒にできます。
体力も高く使いやすいカードです。

どくりんごは「どくりんごラッシュ」のイベントカードですが、時々「ぷよポイント交換所」にも登場しています。

ヤナ(紫)

相手単体を攻撃して100%5ターン毒にします。

1体しか毒に出来ないので、ヤナだけで完走するには封印ループやターンプラスなどで、相手をしっかり足止めする必要があります。

☆7マッペラ(スキル+)と組み合わせると、非常に効率的です。

リリカ(紫)

☆6では全体攻撃して50%の確率で3ターン毒にします。
☆7では全体攻撃して90%の確率で5ターン毒にします。

確率なので外すこともあります。

フリード(緑)

☆7で相手全体を攻撃して90%の確率で毒にします。

とっくんで「スキル+」を獲得すると、相手全体を100%5ターン毒に出来ます。

「呪い騎士」シリーズの1つで、限定ガチャやチケットガチャなどでも、たま~に出てきます。

代表的な耐久カード

紫デッキでの耐久カードといえば「くろいポポイ」。

相手全体を3ターン封印するスキルで、ぷよポイント交換所で入手できます。

他には、
・呪い騎士「マッペラ」(スキル+で3回混乱)、
・トラップ職人「ホーパス」(同色反射)、
・最果ての料理人「バッコ」(☆6で2ターンプラス)
なども有効です。

オススメは「くろいポポイ」ですが、「フィーバー動物」シリーズの「☆7ポポイ」も、相手全体の攻撃力を5ターン75%ダウンさせるので、育成具合によってはアリかも。

フリードを使った緑デッキでは、組み合わせる耐久カードも豊富です。

「喫茶りんご」や「コスタ」でターンプラス、
「ハーピー」で攻撃力ダウン、
「コラリア」で色盾、
「ホウジョウ」で反射、
「ミーシャ」や「シルフ」で混乱……などなど。

自分で使いやすい耐久カードを使ってみましょう。

毒デッキのポイント

今回は、「どくりんご&ポポイ」の毒デッキの場合で見ていきます。


©SEGA

毒カードは「相手全体を5ターンの間100%毒状態に」できる「どくりんご」。

防御カードは「3ターン相手全体を封印」するスキルの「くろいポポイ」です。

延々と封印ループしつつ、毒で確実に倒していく毒&封印デッキは、ギルイベでおなじみの方も多いかも知れませんね(*^^*)

毒デッキの最大のポイントは、毒&耐久スキルを切らさないことです。

私は手持ちで漁師&インキュバスでスキル加速をしていますが、漁師&童話(チキータ)、雅楽師&童話があれば、よりループしやすいと思います。

また、「おじゃまぷよ」生成するボスには、封印スキルは効きません

なので、封印耐久するときには「おじゃまぷよ」対策のカードもセットしておくと楽です。

ここではシェゾのスキルで軟化していますが、「お掃除ボーイズ」「日本妖怪シリーズ」などの盤面リセットスキルがお手軽でオススメです。

MEMO また、私はリーダーにシェゾ、控えに天使を入れて復活させていますが、体力3倍のどくりんごをリーダーにして、リーダー以外のスタメンに体力の低いカードを入れておき、控えから本命カードを出すデッキも多く見受けられました。

毒デッキの使い方

毒デッキ自体の使い方はシンプルです。
スキル発動までが一番の難関かも知れませんね!

まずは、「蒸気と暗闇の塔」おなじみの「おじゃま固ぷよ」をうまく消して、ペナルティを回避します。

つぎに、強烈な全体攻撃を放つ左から2番めの聖獣拳士の攻撃ターンがくる前に倒します!

ここまでに、できるだけ封印&毒スキルを貯めておきます。


©SEGA

倒せない時はポポイで封印するのもアリですが、聖獣拳士を倒すと控えから魔導剣士が出てくるので、いそいで封印スキルを貯める必要があります。

ひとまず、控えから魔導剣士が出てきたら、封印スキルと毒スキルを発動!

あとは、漁師などで攻撃ぷよを消して、スキルを回転。封印&毒をキープします。

ただ、おじゃまぷよを生成するボスには封印が効かないので、おじゃまぷよを片付けるためのカードをセットしておき、ペナルティ前にしっかり消しておきましょう。

あとは延々と、毒で倒しきるまで毒&封印ループをキープします!


©SEGA

倒しきったら、見事、完走です!

「蒸気と暗闇の塔」攻略!
毒デッキ余談

ということで、「蒸気と暗闇の塔」攻略に使える「毒デッキ」の使い方を見てきました。

毒デッキでは、私は大体30~40ターン前後でクリア出来ました。

毒デッキは高火力デッキを組めなくても、毒&耐久スキルをキープすることで堅実にクリアできるデッキです。

毒カードは色幅が少ないですが、今後、同様の毒スキルを持ったカードが増えれば、毒デッキが使えるフロアも増えるかも知れませんね。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです