【ぷよクエ】
天騎士シリーズ
特徴と注目ポイントまとめ

ぷよクエの「天騎士」シリーズは、ぷよクエではじめて副属性を装備したシリーズ!

通常攻撃を強力にブーストできるワイルド化スキルを持っています。

ここでは、そんな「天騎士」シリーズの特徴と注目ポイントをまとめてみました。

\タップで目次を表示・非表示できます/

天騎士シリーズ 特徴


©SEGA

メンバー赤マルス、青ユーリ、緑ハルトマン、黄エミリア、紫ヴィオラ
コスト40
タイプバランス
スキル発動数主属性ぷよ消し55個

まずは☆6の性能を見ていきましょう!

☆6「天騎士」シリーズのリーダースキルは、このカードの主属性と同属性カードの体力を2倍にして、通常攻撃のみ、連鎖数に応じた攻撃増幅効果を4倍にします。

連鎖数、もっと言えば何連鎖目に攻撃色ぷよを消したかが攻撃力に影響するので、威力は安定せず、通常攻撃以外の攻撃スキルには、倍率ものりません。

登場時には、体力倍率と攻撃力倍率が両方つくカード自体が珍しく強めな部類でしたが、現在はイベントカードも強力になっているので、リーダーとして使う機会は少ないかも。

一方スキルは!

3ターンの間、自身の主属性と同属性カードの通常攻撃を、どの色の連鎖でも攻撃する状態にします。

通常攻撃デッキを強力に威力上げできるスキルの1つ、いわゆるワイルドスキルですね!

発動数は、55個とだいぶ重めです。

☆7変身すると!


©SEGA

メンバー赤カーン、青アイン、緑フルシュ、黄ヌール、紫スルターナ
コスト54
タイプバランス
スキル発動数主属性ぷよ消し50個
とっくんスキルは45個

☆7「天騎士」シリーズのリーダースキルは、自身の主属性と同属性カードの攻撃力と体力を2.4倍にして、通常攻撃時のみ、連鎖数に応じた攻撃力増幅効果を4倍にします。

連鎖による増幅倍率は据え置き、体力倍率は2倍から2.4倍にパワーアップしています。

一方スキルは、☆6と全く同じ。

発動数は5個ほど軽くなっています。

また、「天騎士」シリーズは「とっくん」で別のリーダースキル、もしくはスキルを獲得できます。

「とっくん」で獲得できるリーダースキルは、自身の主属性と同属性カードの体力を2.4倍、攻撃力を2.2倍にして、通常攻撃時のみ、連鎖数に応じた攻撃力増幅効果を2倍にします。

ふつうに攻撃力倍率もつくので、通常リーダースキルよりも使いやすい性能になっています。

一方、「とっくん」で獲得できるスキルは、1ターンの間、味方全体が通常攻撃時のみ、どの色の連鎖でも攻撃する状態になります。

発動数は45個。

通常スキルは、効果は3ターンで、対象は自身の主属性と同属性カードのみ。

「とっくん」スキルは、効果は1ターンで、味方全体に効果のあるスキルとなっています。

ちなみに、「天騎士」シリーズは☆6でコスト40なので、☆7変身には「ワイルドさん(40)」なども使えます。

天騎士シリーズ
注目ポイント&注意点

個人的な「天騎士」シリーズの注目ポイントは、やっぱりワイルドスキル。

ワイルドスキルは、「蒸気と暗闇の塔」などのテクニカル攻略や、ギルイベで大ダメージなを出したい時などにも有効!

特に「蒸気と暗闇の塔」Lv.2エリアでは、ワイルドスキルは大活躍しました。

ただし、ワイルドスキルは通常攻撃を強化するので、「初代」シリーズような即攻撃が発生するスキルには効果はありません。

「童話」シリーズや「聖獣拳士」シリーズといった「通常攻撃」を強化するカードと一緒に使うと効果的です!

「天騎士」シリーズには「とっくん」で獲得できるスキルもありますが、個人的には通常スキルの方がおすすめ。

通常スキルは3ターン効果があるので、単色デッキでとても使いやすいです。

味方全体に効果のあるワイルドスキルなら、ぷよフェスカードの方が、効果ターンも長く発動数も少ないものが多く、おすすめです。

同じく単色デッキで使いやすいワイルドスキルのカードには、おおよそ上位互換の「魔人」シリーズなどもあります。

ぷよクエ
天騎士シリーズ 余談

ぷよクエの「天騎士」シリーズは、単色デッキで使いやすいワイルドスキルが魅力です。

バランスタイプで体力は低めなので、「蒸気と暗闇の塔」などのテクニカルで使うときは☆7変身推奨!

ただし、すでに「魔人」シリーズなどを☆7変身しているなら、ほとんど出番はないかも。

「とことんの塔」などで入手できる「ワイルドさん(40)」で☆7変身できるのは嬉しいポイントですね。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです