【ぷよクエ】
雪国シリーズ
特徴と注目ポイントまとめ

ぷよクエの「雪国」シリーズは、思い思いに「雪」とたわむれるデザインが可愛らしいシリーズ♪

青属性カードが多い「怯え」スキルを、それぞれの色属性で使える比較的珍しいシリーズでもあります。

ここでは、そんな「雪国」シリーズの特徴と注目ポイントをまとめてみました。

\タップで目次を表示・非表示できます/

ぷよクエ
雪国シリーズ 特徴


©SEGA

メンバー赤オレグ、青クリアーナ、緑ヤコフ、黄マイア、紫ルーダ
コスト26
タイプたいりょく
スキル発動数自属性ぷよ消し40個

まずは☆6の性能を見ていきましょう!

☆6「雪国」シリーズのリーダースキルは、自属性のカードの体力を2倍にして、体力が低いほど自属性カードの回復力をアップします。

攻撃力倍率がないので、スキルで火力を出したい時は体力砲スキルがおすすめ!

ダメージを受けたカードの回復力が上がる効果もありますが、大ダメージから復活できるほどの大幅アップではなく、ちょっと耐久力が出る、くらいのイメージですね。

一方スキルは、相手単体にこのカードの「こうげき」x10の属性攻撃をして、3ターン「怯え」状態にします。

登場時点では、青属性以外で「怯え」を使えるカードはかなり少なく、貴重な「怯え」要員でした。

☆7変身すると!


©SEGA

メンバー赤オレグ、青クリアーナ、緑ヤコフ、黄マイア、紫ルーダ
コスト38
タイプたいりょく
スキル発動数自属性ぷよ消し35個

☆7「雪国」シリーズのリーダースキルは、自属性のカードの体力を3.5倍にして、体力が低いほど自属性カードの回復力をアップします(最大3倍)。

やっぱり攻撃力倍率はありませんが、攻撃力と回復力倍率はパワーアップ!

とはいえ、かなりダメージを受けてから回復力が高くなるので、リーダーとしては出番は少ないかも。

一方スキルは、相手単体にこのカードの「こうげき」x15の属性攻撃をして、3ターン「怯え」状態にします。

攻撃威力が少しパワーアップして、「怯え」効果は据え置き!

発動数は5個少なくなっています。

ちなみに、「雪国」シリーズは☆6でコスト26なので、「とことんの塔」などで入手できる 「ワイルドさん(30)」でも☆7変身できます。

雪国シリーズ
注目ポイント

個人的な「雪国」シリーズの注目ポイントは、単体を「怯え」にできるスキル!

「怯え」は攻撃力が半減して受けるダメージが2倍になる「状態異常」

つまり、相手にかけると早く倒しやすくなる上に、こちらのダメージを軽減できます!

「雪国」シリーズの魅力はこのスキル(๑•̀ㅂ•́)و✧!

ギルイベなどの攻撃力が高い相手を「怯え」にして耐久しやすくしたり、ほかの威力上げスキルと組み合わせると、大ダメージを出しやすくなります。

たとえば、「通常エンハンス」+「条件エンハンス」+「怯え」と使うと、攻撃スキルの威力が超強力に。

「雪国」シリーズは単体を「怯え」にするので、相手が1体だけのギルイベやプワープチャレンジなどに適しています。

最近では「ダメージアップ」などの強力な威力上げスキルも増えて出番は減っていますが、重ねがけして大ダメージを出す使い方は健在です。

ぷよクエ
雪国シリーズ 余談

ぷよクエの「雪国」シリーズが登場する以前は、相手を確実に「怯え」にできるカードは「カティア」くらいでした。

長らく「怯え」は青デッキの独占状態だったので、「雪国」シリーズの登場時は嬉しかったです(*^^*)

☆7スキルでは5ターンになるか、発動数が少なくなるかかな~なんて想像して遊んでいましたが、後者でしたね!

ぷよクエの「雪国」シリーズは、攻撃の主砲というよりは、それをサポートする補佐的なカード。

体力タイプなので、まずはリーダーカードや、攻撃の主役となるカードを育ててからの☆7変身でも、十分使いやすいと思います。

「雪国」シリーズは単体では目立たないカードですが、強いカードと合わせるとより光るカードです。

主力もいるし、「すずらん+α」も育てたけど、あと一歩の火力や耐久力が出ないというときに、使ってみてはいかがでしょうか♪

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです