【ぷよクエ】ハビラって強い?使える?☆7にする目安

ぷよクエの「ハビラ」は、「カミの癒やし手」シリーズの仲間!

「カミの癒やし手」シリーズのカードは全て「かいふくタイプ」で、持っているスキルはそれぞれ違っているのが特徴です。

ここでは、ぷよクエ「ハビラ」の特徴を見つつ、☆7にする個人的な目安をまとめてみました。

\タップで目次を表示・非表示できます/

ぷよクエ☆6ハビラの特徴


©SEGA

☆6「ハビラ」のリーダースキルは、「紫属性カードの攻撃力を3倍、体力を2.5倍にして、クエスト開始から3ターンの間、紫属性カードを最大体力の15%で回復」します。

☆6「ハビラ」のスキルは、「2ターンの間、ネクストぷよを紫ぷよに変えて、なぞり消し数を3個増やす(同時消し係数2倍)」というもの。

「きらめくルルー」などでおなじみの「漁師」と「童話」を合わせた持ったタイプのスキルですね。

フェスカードではないためか効果は2ターン、同時消し係数は2倍とかなり控えめです。

こういったスキルはスキル発動数が軽めなので、スキル発動数「紫ぷよ35個」はまずまず平均的です。

ぷよクエ☆7ハビラの特徴


©SEGA

☆7「ハビラ」のリーダースキルは、「紫属性カードの攻撃力を3.5倍、体力を3倍にして、クエスト開始から4ターンの間、紫属性カードを最大体力の20%で回復」します。

☆7「ハビラ」のスキルは、「3ターンの間、ネクストぷよを紫ぷよにして、なぞり消し数を5個増やす(同時消し係数を3倍に)」というもの。

スキル発動数は「紫ぷよ30個」なのでまずまず平均的ですが、フェスカードではないためか、やはり効果は控えめです。

☆6「ハビラ」はコスト40のカードなので、☆7にするには同じ☆6カード5枚か、「ワイルドさん(40)」を使います。

☆7ハビラの魅力は?個人的には

「カミの癒やし手」シリーズの最大の特徴は、クエスト開始から数ターンの間、同色カードを割合回復できるリーダースキルです。

攻撃力・体力倍率もコスト40カードとしては平均~やや高めで使いやすく、☆7では20%の割合で回復できるので、体力をどんなに上げても安定した回復ができるのが魅力です。

ただ、4ターンしか効果がないので、それまでにスキルを貯めて倒せないとキビシイ面も。

スキルは「漁師」+「童話」タイプ。

こういったスキルは、デッキのスキル貯めを加速できるうえ、攻撃役としても使え、スキルループもしやすく、使いやすいスキルです。

ただ、フェスカードから登場したスキルであるため、どうしてもカビラのスキル効果は控えめ感が強めです。

スキル加速として割り切った使い方はアリですが、ややレアカードの部類なので、スキルレベルが上げにくいのはネックです。

回復リーダーとしては「アルル&カーバンクル」「まぶしいサタン」「ポップなアミティ」や「ルリシア」など、すでにカードが充実している場合は、出番はほとんどないかも知れません。

とはいえ、ぷよクエは好きなカードを使うのが楽しいので、好きなら☆7にすべし!!

特に漁師や雅楽師といった加速カードがない場合は、使いやすいカードだと思います(*^^*)

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです