【ぷよクエ】フリードって強い?使える?☆7にする目安

2020-05-08

ぷよクエの「フリード」は、状態異常スキルを持った「呪い騎士シリーズ」の仲間です!

ぷよクエの☆7変身には、同じカード5枚かワイルドさんを使うわけですが、フリードは「ワイルドさん(40)」で変身できるカードです。

ここでは、ぷよクエ「フリード」の特徴と、活躍するクエスト、☆7の使い心地などをまとめてみました。

\タップで目次を表示・非表示できます/

ぷよクエ☆6「フリード」の特徴


©SEGA

☆6フリードのリダスキは、緑属性カードの攻撃力を2倍に、体力を2.3倍にします。

☆6フリードのスキルは、相手全体に緑属性カードの「こうげき」x1で属性攻撃して、70%の確率で3ターン毒にします。

今はイベントカードでも攻撃力3倍がザラなので、☆6時点では性能は控えめです。

ぷよクエ☆7「フリード」の特徴


©SEGA

☆7フリードのリダスキは、緑属性カードの攻撃力と体力を3倍にします。

☆7フリードのスキルは、相手全体に緑属性カードの「こうげき」x2で属性攻撃して、90%の確率で3ターン毒状態にします。

☆7「フリード」の魅力は?

☆7フリードには、とっくんで獲得できるスキル(+)があります。

効果は「相手全体を100%の確率で5ターン毒状態にする」というもの。

特徴は、全体攻撃が発生しない代わりに、5ターンの間、相手全体を確実に毒にできるということ!

フリードの魅力は、このとっくんスキルです!

毒は毎ターン、相手の体力の5%のダメージを与えます。

5%?と思うかも知れませんが、侮るなかれ!

5ターンで25%、10ターンで50%のダメージを与えられるので、ループする事で確実に相手を仕留める事ができます。

また、緑属性で毒を持っているのは、かなり珍しく貴重なカードです。

ぷよクエ「フリード」の活躍するクエスト

個人的にフリードが活躍すると思うクエストは、「蒸気と暗闇の塔」!

「蒸気と暗闇の塔」は上級者向けの高難度テクニカルですが、状態異常の盾がなく、かなり活躍できるクエストです。

フリードはとっくんスキルを獲得しておくと、毒ループしやすく、他のカードと合わせる事で攻略の要にもなれるカードです。

どちらかというと耐久デッキ向きで、高火力で一気に倒すパワーがない時に役立ちます。

また、高階層のギルイベでも、毒デッキとしてフリードを使う事があります。

主に1551体異常の全盾通常ボス対策なので、そこまで行かない場合は、ギルイベでの出番は少ないかも知れません。

ぷよクエ「フリード」は☆7にするべき?

フリードは、☆7にして、とっくんスキルを獲得すると、より光るカード。

強力なフェスカードなどを持っていれば普段はあまり使いませんが、火力デッキは組めないけど蒸気の塔をクリアしたい!という時は、☆7はオススメです。

緑カードで相手全体を確実に毒に出来るのは、かなり貴重なスキルです。

攻撃力倍率では型落ち気味のシリーズですが、状態異常スキルはまだまだ現役。

「フリード」をふくめた「呪い騎士シリーズ」は、「蒸気と暗闇の塔」で活躍できる事もあって、ユーモラスで可愛らしい、お気に入りのシリーズです。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです