【ぷよクエ】
マジカルウォールは使える?
全盾戦で活躍させよう!

ぷよクエの「マジカルウォール」シリーズは、「属性盾」でカットされたダメージを増幅させる、いわゆる「盾割りスキル」とともに登場したシリーズです。

ここでは、そんな「マジカルウォール」シリーズの特徴と注目ポイントをまとめてみました。

\タップで目次を表示・非表示できます/

マジカルウォール 特徴


©SEGA

メンバー赤テラ、青フェーン、緑リレシル、自属性アージス、紫セリティ
コスト40
タイプバランス
スキル発動数自属性ぷよ消し42個

まずは☆6の性能を見ていきましょう!

☆6「マジカルウォール」シリーズのリーダースキルは、このカードの主属性と同属性カードの攻撃力を2.5倍、体力を2倍にして、3連鎖以上で1ターンの間、同属性カードの受けるダメージを50%軽減します。

体力倍率は低めですが、ずっとダメージ軽減できれば、実質的に体力4倍相当になるのが特徴です。

ただし、3連鎖できた場合のみなので、「先制攻撃」などのダメージは軽減できません。

一方スキルは、2ターンの間、このカードの主属性と同色盾のダメージカット後のダメージを3倍にします (カット前のダメージを上限とする)。

いわゆる「盾割りスキル」ですね!

高階層ギルイベボスなどが装備する「属性盾」は、その色属性の攻撃ダメージを「100ぶんの1」にカットする効果があります。

「マジカルウォール」シリーズのスキルは、そのカットされたダメージを3倍にする効果があります。

「100ぶんの1」が「100ぶんの3」になる感じですね!

発動数は42個と、ちょっと重め。

ちなみに自身の担当する「属性盾」を持った相手がいない場合は、スキル発動できません。

☆7変身すると!


©SEGA

メンバー赤テラ、青フェーン、緑リレシル、黄アージス、紫セリティ
コスト54
タイプバランス
スキル発動数自属性ぷよ消し40個

☆7マジカルウォールのリーダースキルは、このカードの主属性と同属性カードの攻撃力を3.2倍、体力を2.2倍にして、3連鎖以上で1ターンの間、同属性カードの受けるダメージを50%軽減します。

ずっとダメージ軽減できると、実質的に体力4.4倍相当の持久力になります。

一方スキルは、2ターンの間、このカードの主属性盾のダメージカット後のダメージを3.5倍にします (カット前のダメージを上限とする)。

ダメージ倍率が少し上がり、発動数も40個と、少~しだけ軽くなっていますね!

ちなみに、「マジカルウォール」シリーズは☆6でコスト40なので、☆7変身には「ワイルドさん(40)」なども使えます。

マジカルウォール
注目ポイント

個人的な「マジカルウォール」シリーズの注目ポイントは、やっぱりスキル!

「マジカルウォール」シリーズの「盾割りスキル」は、ギルイベの全盾ボス戦などで威力上げに有効です。

「属性盾」を持った相手は、その属性の攻撃ダメージを「100ぶんの1」にカットするので、普通に叩くと時間がかかってしまいます。

「属性盾」が1色だけなら別の色で叩けばいいだけですが、赤・青・緑・黄・紫の全ての「属性盾」を持った相手、いわゆる全盾だと、その手は使えません。

そこで「盾割り」!

全盾ボス戦では、攻撃スキルのパワーを上げるために、「通常エンハンス」「条件エンハンス」「ダメージアップ」「怯え怒り」などの威力上げスキルとともに「盾割りスキル」を使うと強力。

「通常エンハンス」などの他の威力上げスキルと違って、「属性盾」を持った相手にしか使えませんが、「全盾戦」では貴重な威力上げカードの1つになります。

一方リーダーとしては、3連鎖でダメージ軽減する想定なのか、基本的な体力倍率は低め。

ダメージ軽減できればそこそこ耐久力はあるものの、3連鎖できないと一撃されやすい、先制攻撃をカバーできないなど、リーダーとしてはちょっと微妙です。

ぷよクエ
マジカルウォール 余談

ぷよクエの「マジカルウォール」シリーズは、全盾ボス戦などで光るカード。

「属性盾」を持つ相手がいない場合はスキル発動できないので、一度は「スキルが使えない!」とびっくりするかも知れません(私です)。

かなりギルイベ向きのカードですが、入手できたらひとまず取っておくと、全盾戦で活躍するかも知れません。

「とことんの塔」などで入手できる「ワイルドさん(40)」などで☆7変身できるのも嬉しいポイントですね。

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです