蒸気と暗闇の塔 攻略!
混乱デッキの使い方
【主属性1色エリア用】

2019-03-31

ぷよクエ新テクニカル!「蒸気と暗闇の塔」、楽しんでますか?

ここでは、「蒸気と暗闇の塔」主属性1色エリア攻略6F~10Fに応用できる「混乱デッキ」の使い方をメモしています。

「蒸気と暗闇の塔」は敵の体力がめっちゃ多いですが、高火力が出せなくても、デッキ次第でクリアすることが出来ます。

もし毒カードを持っているなら、より確実な毒デッキがオススメですが、毒カードって意外と少ないですよね。

ここでは、毒デッキも高火力デッキも耐久デッキも組めない時に役立つ、「混乱デッキ」の使い方をまとめていきます。

\タップで目次を表示・非表示できます/

「蒸気と暗闇の塔」攻略!
混乱デッキに使えるカード

混乱デッキは、控えから剣士の出てくる「蒸気と暗闇の塔」の6F・7F・8F・9F・10F攻略対策デッキです。

ポイントは、控えから出てくる剣士に混乱スキルを使うこと。

剣士は強化な割合攻撃をしてきますが、混乱させて割合を敵に3回ほど当てると、ほぼ一撃できます。

また、SUNシリーズなどの耐久用カードを一緒に入れると安定します。

注意点としては、混乱デッキは運デッキということ!

というのは、混乱した敵の攻撃は当てる相手をこちらでコントロールできません。

ミーシャなど「混乱させる時に攻撃もする」カードの場合、先に剣士に割合攻撃が3回あたった時点で積みになります。

剣士の割合が3発入ると体力はほんとにちょっとなので、混乱させる時に倒してしまうんですね。

攻撃の発生しない混乱スキルの場合でも、残り体力1の時に割合攻撃を受けるとダメージ1を受けるので、何度も剣士に割合が当たった場合は倒してしまうかと思います。

全ての敵カードに2,3発ずつは割合が入っていないと、混乱デッキの意味がないほどの長期戦になってしまいます。

と、いうことで、混乱デッキは運要素はありますが、使うカードは比較的入手しやすいものも多く、特に緑デッキの使える7階では、とても試しやすいデッキです。

ここからは、混乱スキルを持っている代表的なカードを見てきましょう。

代表的な混乱カード

シルフ(緑)

シルフは、召喚ガチャなどで出てくる、とても入手しやすいカードです。

スキルは、相手全体を確率で2回混乱させる、というもの。
☆7で確率90%の確率になります。
混乱させるときに攻撃は発生しません。
注意点としては、確率なので外すこともあります。

また、バランスタイプなので体力がやや低めです。

ミーシャ(緑)

襲来イベントや、ぷよポイント交換所で時々登場するカードです。

敵単体に攻撃+100%の確率で2回混乱にできます。
確実に相手を混乱にできる使いやすいカードですが、混乱させる時に攻撃も発生します。

マッペラ(紫)

「呪い騎士」シリーズの1つ。限定ガチャや、チケットガチャなどでもたま~に出てきます。

☆7で相手全体を攻撃+90%の確率で2回混乱にします。

とっくんで「スキル+」を獲得すると、相手全体を100%の確率で、3回混乱させることが出来ます。
この場合、混乱させる時に攻撃は発生しません。

相手全体を混乱にできるので、相手の攻撃を防ぐ、耐久スキルとしても優秀です。

いたずら妖精シリーズ

無料ガチャでも時々出てくる、比較的入手しやすいカードです。

相手単体に攻撃+100%の確率で2回混乱させます。

2019年6月時点では☆7解放されておらず、体力がかなり低めなので、控えに天使を入れるなどの対策が要るかも知れません。

フリック、エイリン、メル、クリス、ローリーがこのシリーズです。

メイクアップアリィ(黄色)

セーラームーンコラボの限定カードです。

相手単体に攻撃+100%の確率で2回混乱させます。

ポーラ

☆6で50%の確率で1回混乱、☆7では90%の確率で2回混乱にします。

☆6では確率は低めなので実用には難しいかも。

混乱デッキに使える代表的な耐久カード

混乱デッキと相性のいい耐久カードは、相手の攻撃力を下げるSUNシリーズや、ターンプラススキルのカードです(剣士にはターンプラスは無効なため)。

3ターン反射や色盾をつけるカードを2枚入れて耐久するデッキも、多く見かけました。

逆に、剣士も一緒に封じてしまう「封印」スキル、攻撃が当たると解ける「麻痺」スキルは、今回の混乱デッキとは相性がよくありません。

ここからは、混乱デッキに使える耐久カードを、ちらっと見ていきます。

SUNシリーズ

得意属性の攻撃力をダウンさせるスキルを持っています。

☆7で5ターンの間90%ダウンしてくれるので、耐久しやすいカードです。

とっくんすると3ターンの間99%ダウンになりますが、5ターン効果の方が私は使いやすかったです。

キキーモラ、セリリ、ハーピー、ミノタウロス、ラグナスがこのシリーズです。

MEMO「蒸気と暗闇の塔」には、黄色フロアに黄色デッキで、紫フロアに紫デッキで挑むデッキルールがあります。
SUNシリーズのスキルは「得意属性」が対象なので、黄ミノタウロス、紫ラグナスは「蒸気と暗闇の塔」では使えません。

☆7フィーバー動物シリーズ

フィーバー動物シリーズは、☆7で相手全体の攻撃力を5ターンの間75%ダウンしてくれます。

軽減率はSUNほどではありませんが、SUNの使えない黄色・紫で混乱デッキを使う時には、意外と貴重なカードの1つです。

ほほうどり、バルトアンデルス、どんぐりガエル、ぞう大魔王、ポポイがこのシリーズです。

喫茶店の3人娘

・喫茶店のアルル(青)
・喫茶店のアミティ(赤)
・喫茶店のりんご(緑)

☆6で相手全体に攻撃して2ターンプラス。

☆7で相手全体に攻撃して3ターンプラスできます。

ロックシリーズ

☆6で意属性に3ターンプラス、☆7で得意属性に4ターンプラスできます。

ロックシリーズは「ロックラッシュ」のイベントカードですが、時々「ぷよポイント交換所」に登場しています。

ヘド、ストルナム、コスタ、バーテブラ、ペルヴィスがこのシリーズです。

MEMO「蒸気と暗闇の塔」には、黄色フロアに黄色デッキで、紫フロアに紫デッキで挑むデッキルールがあります。
ロックシリーズのスキルは「得意属性」が対象なので、黄バーテブラ、紫ペルヴィスは「蒸気と暗闇の塔」では使えません。

最果ての料理人シリーズ

☆6で相手全体に攻撃して2ターンプラスできます。

2019年6月時点で☆7実装されていないシリーズです。

ドンデ、ケイト、ジーベン、サニラ、バッコがこのシリーズです。

シェゾver安室透(ポアロ)(紫)

「名探偵コナン」コラボカードです。

☆6で自身の攻撃x7で相手全体して2ターンプラスできます。

2019年6月時点で☆7実装されていません。

トラップ職人シリーズ

☆6で、得意属性からの攻撃を3ターンの間10倍にして跳ね返す反射スキルを持っています。

ただし、黄色の「シルッセル」、紫の「ホーパス」は、自分と同じ属性攻撃を反射します。

ダット、サンス、ベレーナ、シルッセル、ホーパスがこのシリーズです。

2019年6月時点で☆7実装されていないシリーズです。

潮騒の騎士シリーズ

得意属性からの攻撃ダメージをカットする盾をつけるスキルを持っています。

☆7で3ターンの間90%カットできます。

ディニ、イスティオ、コラリア、キューマ、ロティオンがこのシリーズです。

MEMO「蒸気と暗闇の塔」には、黄色フロアに黄色デッキで、紫フロアに紫デッキで挑むデッキルールがあります。
潮騒の騎士シリーズのスキルは「得意属性」が対象なので、黄キューマ、紫ロティオンは「蒸気と暗闇の塔」では使えません。

☆7龍人シリーズ

得意属性からの攻撃を反射するスキルを持っています。

☆7で、3ターンの間10倍にして跳ね返します。

ホウジョウ、エイシュウ、ホウライ、タイヨ、インキョウがこのシリーズです。

MEMO「蒸気と暗闇の塔」には、黄色フロアに黄色デッキで、紫フロアに紫デッキで挑むデッキルールがあります。
龍人シリーズのスキルは「得意属性」が対象なので、黄タイヨ、紫インキョウは「蒸気と暗闇の塔」では使えません。

混乱デッキの使い方

今回は、混乱カードにミーシャ、耐久カードにハーピーを使ったデッキで見ていきましょう。

私は控えに天使を入れて復活させていますが、リーダー以外のスタメンに体力の低いカードを入れておき、控えから本命スタメンを出すデッキも有効です。

クエストに出発したら、まずは「おじゃま固ぷよ」を片付けて、ペナルティが「発生しなかった!」と出たら一段落。


©SEGA

左から2番めの「聖獣拳士」が一番体力が低く倒しやすいので、まず聖獣拳士を倒して、控えから魔導剣士を出しましょう。

また、聖獣拳士は強烈な全体攻撃をしてきます。

次の攻撃ターンまでに倒せない場合は、それまでにハーピーのスキルを貯めて発動!攻撃力を落としておきます。

聖獣拳士を倒して、控えから魔導剣士を出したら、魔導剣士に混乱をかけます。

魔導剣士が混乱にかかると、強烈な割合攻撃が敵デッキに当たるようになります。


©SEGA

攻撃パターンは「(たぶん)割合、割合、割合、タフネス貫通攻撃」で、タフネス貫通前には2ターンの、攻撃後には3ターンの置きができます。

私は、なるべく「割合攻撃」の時に混乱にかけるようにして、「タフ貫通攻撃」の時にハーピーのスキルが切れないように注意しました。

SUNのスキルを発動しても、割合攻撃の威力は据え置きですが、タフ貫通の威力は下げることが出来ます。

また、混乱・SUN耐久では、おじゃま固ぷよ変換がくるので、対策カードのスキルでペナルティ前に片付けます。

MEMO ここではドラコで軟化させていますが、おじゃまぷよ対策には「お掃除ボーイズ」や「日本妖怪シリーズ」もオススメです。 漁師+盤面リセット的なスキルなので、さくっと片付けることが出来ます。

同じ敵に2,3回割合が当たると、かなり倒しやすくなるので、あとはふつうに攻撃して倒せばOK。

この混乱デッキは、剣士がどんどん相手のデッキを削ってくれるので、火力押しできるデッキが組めない時に、うまく決まるととっても楽です。

「蒸気と暗闇の塔」攻略
混乱デッキ余談

「混乱デッキ」は運も絡みますが、決め手となるデッキが組めない時には役立つデッキです。

私は、剣士に3回割合が当たったら潔く(しつこく?)再チャレンジして「ワイルドさん(50)」をGETしました。

特にデッキを組みやすい7Fにはオススメです!

「蒸気と暗闇の塔」では、ターン経過が多すぎると「スキル停止状態」にされて負けてしまうこともありますが、私は混乱デッキでは40ターン前後のクリアが多く、「時間切れ」になったことはありません。

毒デッキ高火力デッキも組めない、120ターン耐久はできれば避けたい、という時に、試してみてはいかがでしょうか(*^^*)

SHARE

カテゴリー

ぷよクエルなかのひと

☆natuyuki☆
マイペースにぷよクエる日々のメモを発信中。アルル世代のUR1000超え まったり無課金ユーザーです